出生前診断

ドイツのプレッツという優生学者の考え方を紹介したい。

 

「社会」という概念からは隣人愛や相互扶助が求められ、その反対「種」という概念からは闘争と淘汰が求められるとしたうえで、プレッツは後者の重要性を強調する。相互扶助によって成り立つ「社会」は、連綿と生き続ける「種」のヴァリエーションにすぎない。にもかかわらず、今日では「社会」の存続を支える隣人愛や愛他主義の原理が、「虚弱者」を生き長らえさせることによって「種」の進化を妨げていると説きながら、プレッツは「種」の観点から「社会」の再編成を訴えた。

 

優生学と人間社会』市野川 容孝

 

非常に難しい文章で何を書いているのかよく分からないかもしれないが、プレッツは隣人愛や愛他主義を否定したわけではなく、社会の重要性を理解した上で、その解決を出生前に求めた。

その当時はそんな技術は存在しなかったが、生殖衛生学と命名していた。

 

今は、出生前診断として超音波診断、羊水検査、母体血清マーカー検査などで分かる障害もある。

まさにプレッツが求めたものだ。

 

以前、嫁から「出世前診断どうする?」って聞かれて話し合いもせず自己完結して「受けなくていいやろ!」って返答した。

もし、赤ちゃんに障害があったらどうするのか?

そんな話は重たい。

 

優生学、それに伴う各国の歴史や優生政策の構造を紹介した。

かなり脱線してしまった形になったが、出世前診断を通して自分の人間性・人間観が問われることとなりそうだ。

 

生まれきて欲しい命と生まれきて欲しくない命を区別することを“内なる優生思想”と言うらしい。

確かに、僕と嫁の会話のなかで「赤ちゃんが元気に(健康に)生まれてきて欲しいなぁー」って話はする。

 

もし、赤ちゃんに障害があることが分かったらどうするのか?

そんな話は嫁としてないが……

あなたならどうしますか?