男の本能

嫁が妊娠して街を歩く時、ガードマンのような立ち振る舞いになっている。

人が嫁にぶつからないように自分が盾になろうとしている。

元気いっぱいの小学生が走っていると思わず身構える。

お腹がふっくらしてきたとは言え、見た目にはまだまだ妊婦だとは分からない。

 

昔、妊娠した友達と話していた時「妊娠すると(自分が)メスだと感じる」みたいなこと言っていたのが印象的だった。

今、僕も“女性を守らないといけない!”という男の防衛本能が働く。

 

昔、小学校の先生が学級通信で妊婦さんの歩いている姿を見ると、威風堂々と感じると書いていた。

それ以来、僕の言葉の辞書では威風堂々は男のイメージではなくなった。

お腹の中にもう1つの命を宿し、立派に歩いている女性が威風堂々という言葉のイメージとなった。

 

ネットでは妊婦様をよく思わない風潮もある。

それでも僕は妊婦様だと思う。

子どもを産める女性は凄いとリスペクトしている。