出生前診断

嫁から「出世前診断どうする?」と聞かれた。

病院で貰ってきた冊子に出生前診断の1節があったからだと思う。

 

僕のスタンスとしては羊水検査などの流産の可能性があるものは絶対にして欲しくない。

 

中期母体血清マーカー検査は高齢出産だから検査した方がいいのかもしれない。

ただ、もし染色体異常が分かった時にどうするのか?

 

冊子には“夫婦でよく話し合って下さい”と書かれていたが、僕は「検査は受けんでいいやろう〜」とだけ伝えて終わった。

自分の頭の中で考えていた思考のプロセスを伝えずに、結論だけを伝えた。

思考のプロセスとは、まず染色体異常が分かったらどうするのか?

中絶するのか?育てるのか?

僕たち夫婦が待ち望んだ赤ちゃんだが、中絶するなら検査を受ける意味もある。

育てる選択をするのであれば検査を受けても意味がない。

余計な悩みが増えるだけだ。

 

嫁はもし赤ちゃんに障害があると知れば中絶するだろうか?

僕に選択を委ねるだろうか?

物凄く話し合うことは間違いない。

お互い凄く悩んで、考えて、夫婦関係にも影響がありそうだ。

正直、嫁の精神的なことを踏まえると僕は選択できないと思う。

選択できないのであれば、知りたくないと考えた。

今、そんな覚悟を持って検査を受ける必要があるのか?

その結果「検査は受けんでいいやろう〜」とだけ伝えた。

本来はこういったこともよく夫婦で話し合うものなのかもしれないが、答えは出ないと思うし、気分も重い。

 

出生前診断に関して深掘りすれば非常に難しい問題が顔をのぞかせる。

自分の“人間性・人間観”が問われることになる。

その話はまた別の機会に。