男の友情

昔からの地元の友達がいる。

 

小・中と一緒で、高校はバラバラになっても、未だに付き合いのある友達。

 

その友達がいたから、変わり者の僕も何とか社会人として、まだまともにやってこれたように思う。

 

会うのは年に1回か2回。

皆んな変わらないなぁって安心するけど、自分が1年を振り返って……

「変わってないか?」

って問うと、それは変わっている。

 

それは皆んなも同じで変わっていくし、成長していると思う。

 

立派に親父やってるんだなぁって感心する。

 

集まる地元の友達は僕を含めて7人。

カップルの7人に1組は不妊に悩むと聞いたことがある。

統計的にグループに1人くらいはいてもおかしくはない計算になる。

それがたまたま僕だったってことだ。

 

友達に子どもができなくて悩んでいること、流産したことを話すべきではないと思っていた。

場が暗くなる。また、どう声掛けられても嫌な気分になると想像していた。

子どもがいる人には分からないって思っていた。

笑いに変えられても対応できないと不安だったけど、真剣に話を聞いてくれて有難う。

何の根拠もないけれど、「次できる」って言ってくれて不思議と嫌な気はしなかった。たぶん、本気で言ってくれてたから。

 

話して気が楽になることもある。

もちろん、逆に話さなければ良かったと思うことだってある。

今、半泣きで書いているけど、友達に感謝。