恋愛本能

恋愛には動物的な部分があると思う。

それは本能と呼べるものだと思う。

 

妙に腑に落ちた一文があったので紹介したい。

 

この年頃のぼくらは、自分が性的に成熟して、子孫を残すためのパートナーを探しているんだというメッセージを、化学物質に乗せてどんどんと自分のまわりに振りまいていた。受け取った人間は、本人が自覚するしないにかかわらず、それに応答してまた化学物質を放出する。それは無意識下で交わされる恋の伝言だった。

半径1m以内に閉じこめらてたぼくらは、誰よりも頻繁にこの化学物質を交換しあっていた。シャープペンシルで黒板の文字を写しているときも、眠気をこらえて教師の言葉を聞いているときも、ぼくらはこのささやかな通信手段によって、言葉を交わし合っていた。

(誰かいませんか? 恋の相手求めてます)

市川 拓司(2003年)『いま、会いにゆきます』株式会社 小学館

 

無意識下で交わされる恋の伝言。

化学物質を発しているとか、受け取った覚えもないが、この文章には、そうかもしれないと思わせる力強さがある。

確かに、思春期の頃は恋人を求め、誰かいませんか?と心の中で叫んでいたと思う。

それが見た目やファッションに気をつかいだしたきっかけになっていた。

 

学生時代、授業中に無闇に眠たかったのも本能だと思うが、ノートを取りながらも恋の化学物質みたいものが出ていたのかもしれない。

 

結局、恋するってことは突き詰めると根底には動物的な部分があると思う。

恋に落ちるって表現はぴったり。

りんごが木から落ちる時、重力にはあがなえない。

恋に落ちると不思議なもので、勝手にドキドキと高揚したり、反対に不安になったりするもの。

素敵なことだと思います。

 

f:id:TETSUJI:20171224111211j:image

 【東京・LOVEオブジェ】