結婚記念日

今日は結婚記念日だ。

 

今日で結婚2年目。

もう2年経つのか……まだ2年しか経っていないのか……

早いのか、遅いのかよく分からない。

人生が長くて80歳までと考え、あと50回ほど結婚記念日をお祝いすると考えたなら、とても長い年月に感じる。

結婚記念日の美味しい食事が残り50回ほどしか食べられないと考えたのなら、短く感じる。

 

夫婦というのは不思議なもので、今後、離婚しなければ、親よりも長く一緒にいる存在となる可能性がある。

子を生み、育てることを考えると、それは当然のことなのかもしれない。

 

これから死ぬまで、これまで生きてきた以上の時間を嫁と一緒に過ごすことになるかもしれない。

考えると少し恐ろしくもあるのだが、そんな先のことはよく分からない。

これまでの2年間は、旅行で楽しかった思い出や、流産で辛かったこと、内容が思い出せないようなケンカもした。

これからも色んなことがあって、色んな感情が湧いてくると思う。

そして、歳を重ねて容姿や身体機能も落ちてくるだろう。

それでも仲良く、ずっと一緒にいたいと思う。

 

僕らは結婚記念日に、少し贅沢な外食をしてお祝いをする。

僕はその際に、結婚して良かったと伝え、苦労をねぎらい、1年間の出来事を振り返るようにしている。

 

ちなみに、『ホンマでっか!?TV』で “結婚記念日を大事にする派?しない派?” というテーマで各界の評論家が、専門的な知見からどちらの方が良いのかを討論する番組があったので紹介したい。

ホンマでっかで科学的に説明!記念日は大事?意識しない?どっちが得? | 話題のニュースを集めてみました。

 

“セレモニーで縛ることによって夫婦関係が希薄になっていく” という心理学の植木先生の指摘は逆説的で興味深い。

大事にする派の僕にとっては衝撃の事実ではあるのだが、1年に1度の結婚記念日を祝うことは、長く一緒にいるための工夫だと思っていた。

2人で話し合った結果、結婚記念日は外食するようにしたのだが……

 

間違った工夫なのかもしれないが、幸せな家庭を築くには少しの努力とちょっとした工夫は必要不可欠だと思う。