比率管理のススメ

嫁が仕事を辞めると決めてからも、嫁の気持ちは揺れている。

理由は、僕の給料だけ生活していけるかどうか不安だから。

我が家の家計は僕の給与で毎月やりくりしようとしているが、ここ最近は毎月赤字で嫁の給与から赤字を補填してもらっている。

情けない話だか、これが現実だから仕方ない。

 

ただ、嫁が専業主婦になり節約していけば、僕だけの給料だけでもなんとか生活はしていけると思っている。

その根拠は、比率で考えているから。

 

ファイナンシャルプランナー横山光昭氏によると、家計の黄金比率というのがあるようだ。

「理想的な支出の割合」を知ってしっかり貯蓄できる家計になろう!|家計再生コンサルティング|ザイ・オンライン

【貯金】NHK「あさイチ」で紹介されたお金を貯める家計の黄金比率とは【節約】 - NAVER まとめ

比率は家族構成によって違うが、我が家の場合は収入に対して

住居費 25%

食費  15%

保険料 4%

通信費 6% 

光熱費 4%

小遣い 8%  ……

と品目別の理想的な支出割合の目安を提唱されている

 

この黄金比率に照らし合わせると、生活費の固定費である住居費、保険料はほぼ比率通りで、通信費は超えてしまっているのだが、収入に対して家賃や保険料の比率がこの黄金比率にある程度、適合している。

生活の固定費が比率通りという家計は強い。

変動費を節約すれば、赤字家計から脱することができるから。

 

食費などの変動費は完全にオーバーしているのだが、共働きの場合は食費が高くなる傾向があるようだ。

平日は食材宅配サービスを利用し、お金の節約より時間の節約を優先し、手間をかけないからだと思う。

だから、食費などの変動費をやりくりすればなんとかやっていけると思う。

 

また、今は外食やレジャー費も多い。

そこの部分を節約すれば、なんとか毎月赤字にならずに生活していけると踏んでいる。

 

黄金比率は目安なのだが、比率というフィルターで見ることで節約ポイントを見つけることができる。

黄金比率を参考にして、自分の家の独自の比率で家計管理し、赤字家計から脱出したい。

 

約7000世帯の家計診断でわかった!  ずっと手取り20万円台でも毎月貯金していける一家の家計の「支出の割合」

約7000世帯の家計診断でわかった! ずっと手取り20万円台でも毎月貯金していける一家の家計の「支出の割合」