家計管理で重視してること

家計管理で最重要視しているのは “堅実性” 。

手堅く、確実に をモットーに家計管理を心掛けている。

 

その一方で、旅行に行くことも重視している。
理由は、子どもができれば、なかなか遠出はできないだろうし、どこかに行くにしても子ども主体に遊びに行く場所が変わっていると思うから。

それなら、2人の間に風光明媚な場所を巡りたい。

春の花見に、夏の海。秋の紅葉に、冬の温泉。

春夏秋冬、四季折々の楽しみ方がある。

北は北海道から南は沖縄まで、全国津々浦々、様々な景色を一緒に見たい。

今しか楽しめないことを、存分に楽しみたいと思うのだ。

 

もし、子どもができて次に旅行に行けるのは子どもが手がかからなくなった時。
でも、その頃にはお金がかかるようになっているだろうから、旅行に行ける余裕もなさそうだ。
と、考えると次に旅行できるのは老後と考えてもいいかもしれない。
ただ、その時は、お互いの関係性も変わっているだろう。

それはそれで楽しみではあるのだが、今しか出来ない旅行をしようと心掛けている。
貯金をおろしてでも、旅行に出かけるくらいの気概だ。

 

「貯金をおろして、遊びに行こう!」と言うと、嫁は将来の事を考えて貯金が減るのを嫌がるのだが、僕は今この2人の時間を大事にしたい。

貯金をおろそうとする僕、貯金をおろすまいとする嫁。

ただ、2人のお金を管理する目的は共通している。

今も、将来も幸せに暮らしていくためだ。

f:id:TETSUJI:20170603094707j:plain

【長野県・上高地