塞ぎ込みたくなる

ゴールデンウィーク中、法事があって親戚と会う。

「子どもできた?」と聞かれる。

聞かれるのが嫌な質問だ。

「流産した……」と皆んなの前で言うべき事でもないと思うから、「できてないよ」と言う。

次の会話は、「作らへんの?」と続く。

適当な言葉でお茶を濁す。

悪気がないのは分かってる。でも、そっとしておいて欲しい。 

 

ゴールデンウィーク中、地元の友達と会って遊ぶ。

子どもがいる友達が多いので、子どもの話題が多い。

何となく、居場所がない。

黙っていると「子ども作られへんの?」って話が振られる。

適当な言葉でお茶を濁す。

友人に悪気がないのは分かってる。

それでもこっちは傷つく。

笑ってみんなの前で近況を言えればいいのかもしれないが、僕の性格上それは出来ない。

 

友人や親戚は傷つけるつもりでは言ってない。

結局、傷つけているのは自分自身。

それでも友人らに会いに行く足が重くなり、塞ぎ込みたくなる。