妊娠発覚

流産して間もないことで、妊活に向け気持ち新たに臨もうと矢先の出来事だった。

体調不良とは聞いていたが、妊娠検査薬の陽性の画像が届いた時には本当に驚いた。

心音が確認できるまでは、お互い期待しないでおこうと内心は期待しながらも自分達が傷つかないための防波堤を建てていた。

特に、流産してすぐの妊娠は流産につながりやすいから心配だった。 

 

発覚した瞬間は嬉しかったのだが、もしも今回も流産したら……

嫁は立ち直れるだろうか? とネガティブな方向に考えると心配な日々を過ごしていたが、今回は病院の診断で心音が確認できた!!!

 

もうすでに出産予定日が分かることに驚きだったし、

十月十日(とつきとおか)というのは、お腹の中に赤ちゃんがいる期間だと勘違いしていた。

だから、連絡を受けた際には既に5週であることに驚いた。

 

十月十日は最終生理初日から数えての日数。 

男性は勘違いしている人の方が多いのではないだろうか。

 

心音確認の連絡を受けた時は純粋に嬉しかったし、ひとまず安心だ。

ただ、安定期に入るまでは両親以外には内緒だ。

流産を経験してしまうと、周りに伝えることに躊躇してしまう。

もし、流産した時にその事実を伝えるのが本当に辛いから。

 

もし、安定期に入っても死産である可能性も拭えない。

無事、生まれてきても突然死とかの可能性もある。

こういう心配はこれからずっと続くのだろう。

 

母子共に健康に育って欲しい。

みんなにとっては当たり前のことかもしれないが、僕には凄く尊く感じる。

流産を経験してからか、嫁への気遣いを人一倍しているように思う。

 

母子共に健康であって欲しい。

祈るような気持ちだ。

何とか無事、元気に生まれてきて欲しい。 f:id:TETSUJI:20170401080031j:image

【子授けの神社で有名な京都・岡崎神社】 f:id:TETSUJI:20170329063548j:plain

【妊活の再出発の為に参拝しようとしていた日が心拍確認の日となった】